自動車の未来

冬は忙しく6月から10月は比較的暇なので、この時期にセミナー講師の仕事をしたり、自分をバージョンアップするためにセミナーを受講したりしています。先日受講したセミナーでこんな話をしていました。自動車については2025年にレベル4(ハンドルがない完全自動運転になる)を目指していて今から10年後には全体の30%が自動運転自動車が走っているそうです。

その前にレベル3(ハンドルはあるけど自動運転をする。とりあえず運転席に座っていないといけないので飲酒はダメ)があり、もう実施は目前だそうです。2045年には6人乗りドローンが開発されてきて、その頃には運転免許という制度そのものがなくなるそうです。自動車も自動運転するので例えば自宅と勤務先両方に駐車場を借りる必要がなくなり、駐車場の数が著しく減るので不動産価格は下落するそうです。

ドローン6人乗りなどにわかに信じられませんが、きっとそうなるのでしょうね。以前は多くの人が持っていたポケベルやガラケーも今ではなくなりつつありますし、技術革新とはそういうものなのかもしれません。ドラえもんで見た空を飛ぶ乗り物も生きている間に実現する日も来るのかもしれません。6人乗りのドローンができればきっと宅配便というのもドローンが運んできて勝手に宅配ボックスに入れる日がくるかもしれません。電線に引っかかるとまずいので日本のすべての電線は地下にもぐるのですかね。生きている間にそんな日が来るのかと想像した一日でした。