事業報告書等の作成

医療法人は事業年度終了の日から2月以内に所轄税務署長に税務申告書を提出するのは株式会社などと同じですが、そのほかに都道府県知事に事業年度終了後3月以内に事業報告書等と届け出なければなりません。
事業報告書等は下記の書類になります。

1.事業報告書・・・医療法人の名称、種類(社団か財団か、持分ありか持分なしか、種類や基金の有無等)所在地、設立認可年月日、設立登記年月日、などを記載します。

2.財産目録・・・資産額、負債額、純資産額を記載します。また法人使用土地建物について自己所有か賃貸かを記載します。

3.貸借対照表・・・様式は4つありますが、病院・介護老人保健施設を開設する医療法人はより細かく記載し、診療所のみを開設する医療法人については、大まかな貸借対照表で構いません。

4.損益計算書・・・様式は2つありますが、これについても、病院・介護老人保健施設を開設する医療法人はより細かく記載し、診療所のみを開設する医療法人は大まかな損益計算書の記載で構いません。

5.監事監査報告書・・・監事の業務は業務監査と財務監査です。監事に監査してもらい記名・押印してもらいます。

また、社会医療法人債を発行する社会医療法人は公認会計士又は監査法人が作成した監査報告書を事業報告書と一緒に提出しなければなりませんが、社会医療法人債を発行している社会医療法人は稀ですのでその点はあまり気にする必要はありません。

事業報告書を事業年度終了後3ヶ月以内に提出しない場合や、虚偽の届出を行った場合にはどうなるのでしょうか?その場合は医療法76条の規定により、医療法人の理事に対し20万円以下の過料に処されます。

消費税法

税法2科目に受けたのは消費税法です。消費税法は法人税法や所得税法に比べボリュームが少ないわりに実務では重要なので、受験者数が多い人気の科目です。税法は科目によってボリュームに差異があり、一番ボリュームの多いのは、法人税法と所得税法です。次いで相続税法、消費税法と続き、その他の科目(固定資産税、事業税、住民税、国税徴収法、酒税)となります。

実務でよく使い重要な科目は法人税・所得税・消費税・相続税であまり使わないのはその他の科目です。実務で使う方がボリュームが多いというのが特徴です。消費税法を受験しての感想は、ちょっと賭博的要素が強いということです。法人税と所得税はそもそもボリュームが多いため極めるのが大変で極めれば極めるほど、つまり成績が良いほど合格率が上がる傾向にありますが、消費税は日頃の成績にあまり関係なく、ランダムに受かっている感じを受けました。

また、計算でケアレスミスを犯し易く1箇所の間違いが命取りになったりします。理論は法人税法や所得税法ほどボリュームがあるわけではありませんが、1問1問が覚えづらい感じです。特に期限に関する部分が「初日から2年を経過する日」とか「2年前の日の前日から同日以後1年を経過する日」とか「基準期間の初日の翌日からその事業年度開始の日の前日」とか「2年前の日からその事業年度開始の日の前日」とか「提出日の属する課税期間の末日の翌日以後」など、問題によって似ているけど微妙に違う期限だったりして、とても覚えづらかったです。ただ、その期限の部分をばっちり覚えてしまえばボリューム的にも全部覚えることも早い時期に可能だったような気がしました。

自動販売機活用による節税の廃止


不動産賃貸を営む事業者が自動販売機を設置することで消費税の節税をはかるというスキームがありました。内容は改正前のところを見て下さい。まず、不動産賃貸業(居住用物件)を営もうとする設立事業年度に「消費税課税事業者選択届出書」を所轄税務署に提出します。そうすることで、資本金等に関わらず消費税の申告をすることになります。設立事業年度にアパートを建築し、自動販売機を設置します。自動販売機の売上は消費税法上課税売上となりますが、アパート建築に係るコストのうち消費税部分は消費税の経費(仕入税額控除)となり、多額の還付を受けることができました。例えば、自動販売機による収入が30万円(消費税15,000円)でアパートの建築コストが7,000万円(消費税350万円)だった場合、15,000円から350万円を控除した金額が-348万5千円となり、その金額を還付させることができました。そして、設立2年目は自動販売機売上にかかる消費税のみ納付し、設立3年目に入る前に「消費税課税事業者選択不適用届出書」を所轄税務署に提出し、3年目は免税事業者となるのです。

その節税スキームが使えなくなりました。改正後のところを見て下さい。まず改正前を同じように設立1期目に「消費税課税事業者選択届出書」を所轄税務署に提出した場合、多額の消費税の還付を受けれるのは上記のとおりです。ただ、3年目が始まる前に「消費税課税事業者選択不適用届出書」の提出ができなくなりました。一度課税事業者を選択した場合には、3年間は課税事業者が強制されます。また、簡易課税の選択についても3年間は選択できません。そして、3年目の消費税は過去3年間の平均課税売上割合を用い消費税を計算することになります。その結果、1年目の還付を受けた多額の消費税は殆んど戻すことになります。

インセプション

インセプションは、日頃人々の夢の中に入り込みアイディアを盗む仕事をしている主人公が、今回は夢の中に入り込み潜在意識の中に、ある感情を植え付ける(インセプション)するという話です。

無形資産が重要視される現在に無形資産のあり方を考えさせる映画かと思いましたが、想像とは違うものでした。

この映画を観て思ったことは、現実と夢って何が違うんだろうと説いた時、
1.現実では登場人物全てにその時起こったことが記憶として残るけど、夢は見た人の一方的な記憶にしかならない。
2.夢で死んだり怪我しても、現実では死んだり怪我しない。

ということが私が感じたことでしたが、この映画は夢を何人かで共有できます。その場にいた人の記憶として残ります。

上記2はこの映画の中でも同じで、夢の中で死んだり怪我しても現実では死んだりしませんが、上記1は映画では全く違います。

夢の共有がもしできたら・・・それは現実と何ら変わりがないんじゃないかとさえ思いました。不思議な感覚の映画でした。現実の世界でも夢のような出来事ってありますよね。それが夢でないと確証できるのは、他の登場人物が同じ記憶を共有するからでその保証がなければ、夢のような出来事も夢と同じになってしまいます。そうすると、夢と現実がごっちゃになって訳の分からないことになってしまうのです。

やはり、睡眠中の夢は夢のままの方がいいですね。希望としての夢は叶った方がいいですが・・・

FXに係る税務

FXとは外国為替証拠金取引のことですが、その所得は通常、雑所得として総合課税の対象になり、確定申告が必要になります。税率はその人の他の所得との関係によりますが、15%~50%(所得税5%~40%で住民税が10%)となります。

ただし、くりっく365(取引所為替証拠金取引)にすれば、どんなに高額所得者であっても一律20%(所得税15% 住民税5%)となります。高額所得者の場合、50%から20%の税負担に軽減でき大変有利な節税となります。

くりっく365取引を開始するためには、くりっく365の取扱会社に口座を開設して、証拠金を預託して取引を開始する必要があります。くりっく365の取扱会社はインターネットなどで簡単に検索することができ、手続きも証券会社に口座を作る程度のものです。

総合課税の税率が所得税で10%以上である人はくりっく365を利用すると良いでしょう。

ライフプラン(育児)

文部科学省の子ども学習費調査によると、幼稚園から大学まで全て公立にいった場合には1000万円位かかり、全て私立(大学は理系)にいった場合は2,500万円近くかかります。

教育資金はどうやって貯めるか?教育資金は多額なので、出産直後から準備するのが 良いと言われています。定期積金など預金の方法で積み立てる場合もありますが、ここでは保険を利用した制度を紹介します。

保険は一般的に学資(こども)保険と呼ばれるもので、積み立て利率がとても良いというわけではありませんが、下記のようなメリットがあります。

1.契約者(例えば父)が死亡したときには保険料が免除になりますが、保険金はあらかじめ約束された満期日に全額受け取ることができる。
2.子どもに入院保障などがついている。
3.税務上、支払った保険料は所得控除(一般生命保険料控除)を受けることができるものが多い。

このように様々な特典がついた学資保険は利用したいものです。

他にも保険ではありませんが、教育積立貯金というものがあります。これは1年以上5年以内で1万円以上(5,000円単位)で200万円まで積立可能です。こちらは積立終了後4年間に限り、日本政策金融公庫(旧国民金融公庫)から積立額と同額の融資を受けることができます。

プレデターズ

究極の環境で人はどう生きるか?というのを考えさせられた映画でした。

気が付いたらそこは、人間狩りが行われている宇宙空間の知らない世界だった。ということからスタートします。得体の知れない生物に命を狙われます。それはまるで狩を楽しむかのように・・・獲物である人間はたまに補充されます。突然パラシュートで上からやってくるのです。得体の知れない生物は物凄く強く人間が太刀打ちできる相手ではありませんが、たまに人間にやられます。
やられると何故やられたかを研究し、バージョンアップして再び現れます。

これは現在の社会にも置き換えられます。逃れられない島は地球。人間は中小企業、得たいの知れない強い生物は大企業。

大企業は何故強いのか?その置かれた外部環境に対応し、内部資源を充実させて、常にPDCAサイクルを繰り返し、バージョンアップしているからです。多くの中小企業は大企業にやられて消滅します。しかし資金や資源が少なく圧倒的に不利な中小企業でも生き残っていくものもあります。それはニッチな優れた知識であったり、技術であったりします。そんな風にも読める映画でした。

今すぐ使える!コーチング


ティーチングは相手に対し、情報そのものが明らかに不足している場合、何かを教えるときに使います。

コーチングは,情報をもっている相手に対し何かを気づかせるため,力を引き出すときに使います。

考えてみれは、私の仕事の多くはティーチングです。顧客が不足している情報について質問をされ、その答えを明らかにするというのが最も多い仕事です。ですから、ティーチングに慣れてしまっています。

しかし、最近コンサルティング業務が多くなり、職場カイゼン会議などに同席することがあって、これは、コーチングの技術が必要だなと痛感しました。踊る大捜査線ではありませんが、現場のことは現場が一番知っているからです。

コーチングは相手を承認することから始まります。相手が答えを知っていることを強く信じてそれを引き出させてあげることです。

まず、相手の話を聴いて、受け入れて、質問します。何かを聞かれるとズバッと答えを言いなくなる私ですが、コンサルティング業務の場合、それは一方的な伝達になり、必ずしもその現場でベストな方法ではないかもしれないのです。現場のことは現場が一番良く知っています。問題点も一番把握しています。それをどう聴きだし、考えさせ、答えを見つけさせるか。

なかなかまどろっこしくて、何かを言いたくなっても堪え、相手を信じ相手が気づくまで質問します。

なかなか難しいスキルですが、時と場合を考え、ティーチングとコーチングは使い分けるべきだと気付かされた本でした。

市場リスクプレミアム

市場リスクプレミアムとは、投資家が市場に投資した場合に期待する期待収益率から無リスク金利(10年国債利回り)を控除した利回りの差のことで、日経新聞に載っている数値からその計算をする方法を紹介します。7月10日に記載されていた9日の主要指数を使いました。




RPM=市場リスクプレミアム
DPR=配当利回り
PER=株価収益率
PBR=純資産倍率
Rf=無リスク金利(リスクフリーレート)

これを計算した場合、2.04%+1.08/17.01×(1-2.04%×17.01)-1.15%=5.036%となります。
①まず括弧書きの中を計算すると、0.652996になります。それに括弧の外の掛算×1.08÷17.01を計算して0.04146になります。これにトップの数値2.04%をプラすして、6.186%(%の小数点の扱いに注意)です。ここから最終値の1.15%を引いて、5.036%となります。

この意味は本日投資をするとしたら5.036%以上の収益が望めないような投資はするべきでないということを意味します。例えば3%くらいの収益しか望めないのであれば、高いリスクをとって投資するより国債を持っていたほうがましという判断です。

産業医の報酬

医療法人の理事長が産業医として他の事業所に行って収入を得る場合があります。その時の収入は医療法人の収入にすればよいか?個人の収入となるのか?という質問をよく受けます。

結論から言えば契約によります。医療法人として契約している場合は医療法人の収入になり、消費税は課税売上となります。

個人として契約していれば、その契約者である理事長の給与所得となり、確定申告において主たる給与と合算して確定申告をする必要があります。この場合の消費税の取り扱いは給与ですので不課税となります。