納税猶予制度

4月30日にコロナ支援を前提にした国税の納税猶予制度が可決されました。これにより令和2年2月1日から令和3年1月31日までに納期限が到来する国税が延滞税及び担保が不要で原則1年間納税猶予されます。これに伴い、地方税や社会保険料も支払い猶予されますが、今回は国税を中心にお話しします。まず、納税猶予となるケースですが、売上が令和2年2月1日以降の任意の1か月において前年同月比で20%以上減少していること。かつ、一時に納税することが困難なケースです。任意の1か月というのは例えば4月1日から4月30日までという月末月初区切りだけではなく、4月8日から5月7日までという独自に判定した1か月でも構いません。それと、一時に納税することが困難なケースですが、これは手元資金(現金や普通預金)から当面の資金繰り(毎月かかる経費の6か月分相当+予定している臨時資金)を控除した金額が納税額より少ないケースです。

次に納税猶予の手続き期限ですが、原則として納付期限までに手続きします。ただし令和2年2月1日から令和2年6月30日までに納付期限がくるものは令和2年6月30日までに手続きすれば良いことになっています。ただし申請期限をすぎた場合でも、やむを得ない理由がある場合、期限後でも申請が可能ですので税務署に相談してください。これはお得な情報ですが、コロナ支援ではない元々ある分割払いの納税については、コロナ支援に切り替えることが可能で切り替えることによって延滞税や利子税がかからなくなります。

対象になる国税ですが、中間申告や源泉所得税や修正申告にかかるものも上記期限内の納付期限であれば対象となります。ただし、印紙税や輸入消費税、国際観光旅客税は対象外です。

上記で原則1年間納税猶予されると書きましたが、1年でないケースとしては例えば中間申告の納付のような場合です。例として3月決算法人は11月末までに中間申告による予定納税をしますが、こちらについては翌年の11月末までに支払えばよいのではなく、本決算まで、つまり来年の5月末日が3月決算の納付期限ですが、そこまでしか納税猶予されません。

手続きをすれば1~2週間後に納税の許可が下ります。地方税と社会保険料の猶予制度については、国税の納税猶予許可通知書の写しを添付すれば、添付書類や記載事項が大幅に省略できるので、まずは国税の納税猶予制度から始めると良いかと思います。

手作りマスク②

先週末、実はもう一つマスクを作りました。立体マスクの型紙作りに疲れたので今度は型紙が無くても作れる西村大臣風マスクです。こちらもYouTubeに沢山アップされています。ただ、どれか一つに頼る事なく、「型紙なしでできる」「裏地付き」「ノーズワイヤー付き」の組み合わせで作ってみました。それがこの写真です。表地は前回同様いらなくなったシャツの再利用、裏地は100均のガーゼはんかちをカットしました。

型紙なしで作れたのでさぞ楽かと思いきや、このマスクはかなり縫います。何回も何回も色々な所を縫います。ちょっと手が痛くなりました。ここが楽だとここが大変と色々経験させてもらいました。何事も一長一短ですね。今回2種類のマスクを作りました。それぞれ作り方に差異があり、勉強になりました。手縫いだったので2つ作るのに5時間かかりました。

何事も経験しないと分からないことが沢山あります。以前「たのしい不便」という本を読みましたが(2017年2月9日のカテゴリー本のブログ参照)マスクを作っていてこの本を思い出しました。敢えて不便な選択をすると気が付く事があります。こんな時期だからこそ、敢えて不便なことを選択してみませんか?今まで見えなかった何かが見えてくるかもしれません。

手作りマスク①

手作りマスクを作るのが流行っています。私も週末作ってみました。YouTubeに様々な作り方のガイドがアップされているのでそれを参考にしました。まずは立体マスクです。ほとんどの立体マスクは大きすぎるため、かつ、耳に近い部分まで(頬全体が覆うように)くるように、型紙を色々作り直しました。おかげで自分にぴったりの型紙を作ることができました。

ミシンは大昔に処分してしまったため、すべて手縫いです。表地はいらなくなったシャツをカットしました。裏地は100均で購入したガーゼはんかちを切りました。手縫いの分時間はかかりましたが、自分のサイズにぴったりのマスクができたことは良かったです。これで目の下の鼻から下全てを覆うことができます。在宅ワークをしているとノーメイクで一日過ごすことも多いので目の下半分すべて覆うこのマスクはとても重宝しています。

内側をガーゼ地にすることで肌が荒れることなく過ごせます。このマスクで一番大変だったのは型紙作りです。いかに自分にぴったりの型紙を作るか?です。でも出来上がって付けてみると、ぴったりフィットするマスクに感動します。自粛要請でエネルギー有り余っている方は是非挑戦してみてください。

流浪の月

今年のゴールデンウィークの(私が勝手に決めた)課題図書は2020年本屋大賞受賞作品です。子供のころ、伯母の家に住んでいた小学生の更紗は、ある理由により家に帰りたくない衝動にかられます。その時保護してくれたのは大学生の文です。更紗は文の家にいた時、自由に伸び伸びと暮らします。更紗がパンダが見たいと言い出して、動物園に行った時、テレビで行方不明になっている少女だとバレてその場で文と離れ離れになります。文は小学生の女の子を誘拐したロリコン犯として警察に捕まります。更紗が文のことを良く言えば良く言うほど洗脳されていると言われ可哀そうな子供として扱われます。自分の意志で文について行ったのに・・・文との日々は自由に生きられた日々だったのに・・・。

そのまま文と会えぬまま更紗は大人になります。あの事件から15年後、偶然、文を見つけます。更紗はストーカーのように文に会いに行きます。でも声はかけません。自分がちゃんと言えなかったばっかりに、少年院に行くことになった文・・・自分は子供から大人になったけど、文は15年経っても全く変わっていなかった。そこから物語が展開していきます。更紗は男としてではなく、人として文が大好きです。そして文もまた更紗を女としてではなく人として好きなのです。この二人は一緒に過ごしカフェをやります。お互いにそれを望んでいないので男と女にならないまま一緒にいます。お互いに特別で大事な人というのは変わりません。

「事実と真実は違う」これがこの本のテーマです。9歳の女の子が19歳の男に誘拐されたことも事実ですが、真実ではない。そして、誘拐犯と被害女性が一緒に住んでいるというのも事実ですが、真実ではない。つまり、二人は通常の夫婦のような関係ではなく、もっとそれを超えたものです。男女一緒にいるとすぐに男女の関係を連想しがちですが、そういった関係ではなく一緒にいて居心地の良い関係というのは存在します。友達でもない。夫婦でもない。恋人でもない。これを何という関係なのだろうと思います。でも私もそれは良く分かります。夫婦や恋人のようなことはしない。でも精神面ではそれを超えた存在。とても良く分かります。これを何というのでしょうか?未来にこれを形容する言葉ができるでしょうか?

巣ごもりシアター

コロナウィルス感染症による自粛要請延長により、今月も映画が見られないということが決定しました。そこでまたしても邪道でありますが、巣ごもりシアターの感想を書きたいと思います。巣ごもりシアターとは新国立劇場のホームページで開催しているオペラ劇場です。詳しくはこちら⇒https://www.nntt.jac.go.jp/release/detail/23_017336.html

早速見ましたが、過去に新国立劇場でやったオペラやバレエなどの劇場を無料で公開しています。本番と同じ2時間半くらいの大作です。早速見ましたが、こんなものを無料で見られるなんて、なんて贅沢なのでしょう!という感じ。YouTubeと違い途中CMなども入らず集中して見られます。まぁ本番の臨場感に比べたら比ではないかと思いますが、それでもこんなものを無料で公開する新国立劇場は太っ腹です。しかも毎週1つずつ新しいものが公開されます。1週間限定というところも良いですね。

週末の巣ごもりに最適です。写真はうちのベランダで咲く牡丹です。なんの悩みもなく咲いているようで勇気をもらえます。本来5月は1年の中でももっとも好きな季節ですし、一番暴れたい季節でもあるのでストレスたまりますが、ベランダで咲く花に幸せもらっています。

日にあたる事。歩く事。

今、出勤は週1回のみであとは在宅ワークをしていますが、びっくりすることに万歩計の歩数は1日500歩いかないくらい・・・そういえば家の中を歩き回る事くらいで一番長い距離は6階の自宅から1階のゴミステーションに非常階段を使ってごみを捨てに行くことくらいです。いつもなら最低でも5,000歩~15,000歩は歩きますから、いかに今が歩いていないのかというのが分かります。そういえば、昔オーストラリアにグループホームの見学に行った時、現地のスタッフがボケを遅らせるのは、日に当たる事と歩く事と言っていました。日光に当たる事で体内時計がリセットされてホルモンが正常に働くそうです。ですから一日中もしくは夜中に起きて昼間に寝ている生活をしている人というのはボケやすいし、うつ病になりやすいとの事でした。

私はただでさえ外出が多いタイプですが、今はかなり我慢しています。でも今日とうとう近所の遊歩道を散歩しました。もちろんソーシャルディスタンスを保ちながら・・・それがこの写真です。緑の中を太陽の光を浴びて歩いていると生命力というか生きる気力がみなぎってきます。在宅ワークをして週5日ひきこもっているとこれがどんなに幸せなことかというのが実感できます。沢山(といってもソーシャルディスタンスが保てる程度)の人が遊歩道を歩いていました。子供がいる人は車が走らない道で子供の一輪車の特訓をしていました。兄弟らしき子供がキャッチボールをしていました。親と自転車に乗って走っている子供が「今日は川が綺麗だね」と言っていました。神田川がキラキラ光っています。何気ない幸せを実感しました。

大きな公園では入場禁止になったと報道されています。それはあまりにも人が来て3密になってしまったから・・・ベランピング(ベランダでキャンプ)が流行っているという報道も耳にしました。一戸建ての家の人は庭に出て日を浴びてください。マンションの人はどうやって日を浴びればよいでしょうか?せめてたまに行う散歩くらいしたいですよね。今日遊歩道を歩いていた人達はそれぞれが近づかないように、ソーシャルディスタンスが保てるように行動していました。どうかこんな小さな幸せが奪われませんように。3密にならないように個人個人が努力してどうかこの危機を乗り切れますように。

おひとりさまマーケット

今月はやたらと「おひとりさま」で居ることが多く、こんな本が目に留まりましたので読んでみました。いわゆるおひとり様の消費行動などを分析しています。おひとり様は日ごろ節約などをしているものの、自分のこだわりにはお金をかけるという習性らしいです。この本は女性のおひとりさまに絞って書いてあります。

読んでみて笑ってしまったのは、その消費行動は私にも当てはまっているものが沢山あり、また、私の周りの友達にも当てはまっているものが沢山ありました。なぜ、こんなにもみんな同じような行動をとるのだ?と思うほどに・・・

女性のおひとりさまをターゲットとしたマーケティングはあまりしていない企業が多く、でも女性のおひとりさまは、こだわりが強く一度気に入ると最強のリピーターになること。そして最高のクチコミニストであると著者は言っています。だから女性のおひとりさまをターゲットとした物や事を売ってマーケティングもちゃんとやりましょう。って書いてあります。まったくもってその通りだ!と思うことが沢山書いてありました。

新型コロナ関係税制措置

只今、当事務所の顧問先もかなりの確率で売上等に打撃を受けています。先日、収入が激減していて5月に支払う消費税の予定納税について延納などの手続きお願いしたいというご相談を受けました。現在売上が月ベースで前年より20%減少で、かつ一括納付が難しい事業者については、1年間の納税猶予が認められ、その間の延滞税も全額免除で納税猶予できる制度が確立しました。

社会保険料の納付も同様の措置が取られます。その他の税制措置として商工会議所がよくまとまった資料を作ってくれていました。それがこちらです⇒税制措置のポイント(新型コロナ)固定資産税の免除制度などもありますね。この固定資産の免除制度の説明ででてくる認定経営革新等支援機関は登録が必要なものですが、当事務所は認定経営革新等支店機関に登録していますので安心してご相談ください。

電話・オンライン診療に対応していますか?

コロナウィルス感染拡大により、4月20日より電話・オンライン診療が始まりました。今まではオンライン診療は再診のみでしたが、初診から電話やオンラインで診療できるという画期的な制度です。詳しくは⇒https://www.mhlw.go.jp/content/000621247.pdfこちらは時限的・特例的措置なのでコロナウィルスが収束したら今まで通り再診のみで、かつ、慢性疾患のみになるかもしれません。

ただ、一部処方できない薬(麻薬や向精神薬など)もありますし、実際にやる側としたら、再診の場合は良いが初診のときの本人確認の方法はどうすればよいのか?とか処方箋の取り扱いの不安などもあるかと思います。詳細は上記リンクに細かく記載されていますのでご参考までに・・・

電話診療の場合には特に新たな設備等は最小限ですみますが、顔などを見てより症状が把握できるオンライン診療の場合、設備等に多少手間がかかります。しかし将来はオンライン診療もメインとなってくるので今からやっておくというのも良いかもしれません。まずは電話診療から初めて徐々にオンライン診療に移行していくというのが一番スムーズかもしれません。

在宅ワークのメリットデメリット

スタッフについては先週から在宅ワークが始まっていますが、私は今週から在宅ワークをしています。銀行勤務時代から在宅ワークはしない主義で、どうしても忙しくて仕事が終わらないときは早朝に行って仕事をするというのが私のオーバーワーク時の対応でした。それでも間に合わない時は、土曜日に出勤して仕事をすることはあっても在宅ワークはしませんでした。なぜなのかというと仕事と自宅での境をはっきりしたかったからです。私にとっては自宅はくつろぐ場所であり、仕事の緊張感を持ち込みたくなかったのです。

でも、昨今そう言ってもいられず、今週から在宅ワークをしています。初めての在宅ワークをして、メリットとデメリットの両方を感じています。まず、メリットですがWeb会議を導入できたことです。3月の月次訪問は中止になりましたが、4月に入っても当分お会いできそうにないのでWEB会議システムを導入したのです。当事務所は顧問料が高い顧問先のみ訪問しています。税務顧問なので毎月行くのですが、1時間以上かかるところもあります。その訪問時の時間コストが短縮できる点、また私が無症状感染者かもしれない状態でお客様に会うのはリスクが高すぎます。顧問先にとっても私が行くとお茶をいれてくれたり、お出迎えの挨拶をしてくれたりとそういった手間が省略できます。

デメリットとしては、仕事の作業効率が3割減くらいになることです。これは決算業務などをやっていると感じるのですが、当事務所は決算業務をスタッフと私で共同で作業します。その場に一緒にいれば30秒で終わる指示も、文章にして指示をすると3分かかります。一緒にいれば資料を見せて、ここの部分変じゃない?合わせてみて!で済むのに、文章の指示書だと、〇〇顧問先の△△の部分ですが・・・となります。それと、郵便物の処理です。税理士も行政書士も古いのでやたらと郵便物が多いのですが、1週間に1・2回しか事務所に行かないと山のようになってしまう点です。税理士法も古く、税理士は2か所事務所を持ってはいけない。となっています。つまり基本的に在宅ワーク(税理士独占業務のみ)はダメなのです。今回その点を税理士会に問い合わせたところ一時的であれば仕方ないが継続的にはダメということでした。これも改正が必要ですね。