宝島

お正月の課題図書は「宝島」です。この本はハードカバーで541ページあるのでなかなか読み応えあります。直木賞と山田風太郎賞のW受賞をしている本なので是非長期休暇の時にと思って以前買っていました。宝島というとワクワクする冒険小説なのかと思いましたがそうではありません。沖縄の歴史的物語。そこに書かれていたのは沖縄返還前後約15年間の歴史です。中心人物ははじめは子供でしたがそれぞれ色々な大人になっていきます。そこには沖縄人(うちなんちゅ)の逞しさや切なさ何とも言えない悲壮感まで漂っています。

お正月に読むにはかなり重い、でもよくよく考えればお正月だからこそ読むべき本なのかもしれません。色々考えさせられる本でした。主人公の1人にヤマコという女の子が出てきます。私が女性だからかこの本を読んでいるうちに次第にヤマコに感情移入していきました。どこかでヤマコ頑張れ!と叫んでいる自分がいました。この本の中の少年少女は過酷な環境の中でも決して人生を諦めず、強く逞しく生きていきます。それは大人になっても変わらず熱い想いを持って生きています。

物のない時代、沖縄の米軍基地から物資を盗み出す戦果アギヤーの少年少女の物語です。この本を読めば己の不幸は大したことないと思えると思います。それだけ壮大でエネルギーのある本だからです。本って凄いですね。こんなに小さな物質の中にこんなに壮大がエネルギーがつまっています。今年も本を読みます。この本はお勧めです。

沈黙のパレード

今月はこの本を読みました。ガリレオの湯川教授が出てきます。湯川教授と言えば福山雅治氏ですよね。3本指を顔に当てるシーンは有名ですね。今回の小説は登場人物が多く夜な夜な細切れで寝る前に読んでいたので、たまにこれ誰だっけ?となりながらも読み終えました。20年前に起きた殺人事件と今回の殺人事件はとても似ていて同一犯と言われていましたが、犯人と思われる人は20年前も黙秘して充分な証拠があったにも関わらず無罪になりました。今回も捕まりましたが黙秘しています。

残された遺族は出来るなら自分で殺したいとまで思います。2回目に起きた殺人の被害者の街でパレードがあったその日、犯人と思われる人が亡くなります。死体の状況からして通常なら病死とされそうな状態で見つかります。しかし、湯川教授の推理により他殺であるという可能性が出ています。犯人を恨んでいる人は数多く存在します。後半ようやく真相がわかったと思ったらさらに一転します。

その時湯川教授が言います「僕には苦い経験があるんです。以前にも似たようなことがあって愛する女性のためにすべての罪を背負おうとした男がいたんです。でも僕が真相を暴いたためその女性は良心の呵責に耐えられなくなり自首しその男の献身は水泡に帰してしまった。同じようなことはもう繰り返したくない」というような事を言ったのです。あっ!それ容疑者Xの献身じゃない!と興奮しました。東野圭吾ファンなら充分に楽しめる作品で、お勧めです。これもきっと映画化されるんだろうなぁという予感です。

シンクロニシティー

本の表紙を見た途端、何故かシンパシーを感じて買ってしまいました。主人公は冬原嶺志、アラフォーの既婚男性です。子供はまだ居ません。何度も繰り返す悪夢(やつれた男性が古びた着物と草履をはいて森の中を歩いている。白い鳩が男をじっと見つめている)を見ています。甥の不思議な現象を聞いて自分も心配になりセラピストの催眠療法を受けてその真相を突き止めるというお話。

その夢に出てくる男性は前世の自分でした。人は何かしらの使命をもってこの世に生を受けるというもの。それが分かってから仕事に対しても家族に対しても疎遠気味だった親に対しても、素直に接し後悔が残らないように過ごします。偶然は単なる偶然ではなく、必然的な要素もあるということです。

私もよくシンクロニシティを感じますが、その事が頭にあるからアンテナとして感じやすくなっているものと思っていましたが、偶然ではなく必然だと考えると何故か使命というものも感じますね。この本を手にして買ったのも偶然ではなく必然だったのかもしれません。

紙の月

今月はこの本を読みました。10月は月のイメージがあるからです。この本はある銀行の契約社員が銀行からお金を1億円横領するお話です。これを読み始めた時内容はしらず、読み進めているうちにあれ?これどこかで聞いたような話と思いました。このような事件も実際にあったし、こんな映画もあったような・・・ということで調べましたら、宮沢りえ氏が主演の「紙の月」の映画もやっていたようです。

宮沢りえ氏が主人公の垣本梨花を演じているとイメージして読み進めていると、物語がドンドン入ってきました。初めはちょっとした不正でした。たまたまデパートで化粧品を買った時に手持ちのお金がなくて顧客からの預り金を使ってしまってあとで充当すれば良いやという程度のもの。それが次第に在りもしない金融商品を作り顧客への預かり証や証書なども偽造するようになりました。

ちょっとした事が大きなことにそして大事件に発展することは多々ありますね。夫婦間でもそうでした。梨花の夫は俺が梨花を養っているんだという意識が強く、梨花もそれを感じていました。だからパートタイムで働き始めたのです。顧客からも評判の良い梨花は契約社員になり給料も2倍になりました。それで夫に時計のプレゼントをしますが、夫はこんな気軽にできる(つまりカジュアルな)時計が欲しかったといいますが、所詮女に自分以上の収入は稼げないという雰囲気を醸し出します。そのような事も加わって梨花は不正に手を染めていきます。

本を読んでみると細かい描写で少しずつ物語が進展していくのでほんの小さな出来事が次第に大きくなっていく(なってしまう)事が不自然ではなくむしろ自然に起こりうるのだと実感できます。ある意味怖い内容の本でした。

フーガはユーガ

風我(ふうが)と優我(ゆうが)は双子の兄弟で、顔はそっくり。特徴といえば風我は体育が得意。優我は頭が良いという特徴があることくらい。彼らは子供の頃から実の父に虐待を受けていて、本当に死ぬのではないかと思うような殴られ方蹴られ方をしていました。実の母親はDVが怖くて見て見ぬふり。その後子供を置いて家を出ていきます。

ですから風我と優我はいつだって2人で協力して生きてきました。ある時突然二人が入れ替えるという不思議な現象が起こります。初めは何が何だか分かりませんでしたが、それは誕生日だけ2時間おきに入れ替わるという事実を突き止めます。そこで二人は一定のルールを決めて行動するのです。

その瞬間移動的なものを利用して、同じく虐待を受けていた女子を助けたり、過去の猟奇的殺人犯を見付けたりします。残虐な家庭で育っても愛や友情や正義感は育っていて、何とも言えない切ない気持ちにもなる小説ですが、逆に少年たちの逞しさも垣間見れる小説でもありました。

青空と逃げる

表紙の絵につられて今年の夏休み課題図書としてこの本を読みました。「かがみの孤城」の作者の辻村深月氏の作品です。母親の早苗とその子供である小学生5年生の力が東京で起きたある事件がきっかけで、高知の四万十に逃げて、そこから兵庫県姫路市にある家島に渡り、その後大分県の別府温泉に行きやっとそこに住もうと思ったところで再び不都合が起き、今度は目的をもって仙台に行き、北海道の大空町に父親を訪ねに行き、家族が再会するというのが大筋な流れです。

北海道に行くまでほぼ母子家庭のように早苗と力は過ごしました。おっとりとした早苗も力を守らなきゃいけないという母性本能から逞しく強くなっていき、力も早苗が体調を崩した時は子供だから何もできないのではなく、何かをするという逞しさを覚えます。父が不在という状況になって、早苗と力は逞しく生命力がみなぎっていきます。ある事件のことは感想では敢えて書きませんが、3人が最後に再開することによって、また再び3人で東京で暮らすという予兆を残して終わります。

この本の素晴らしいところは様々な地方で本当にそこにいるかのような臨場感が出ている点です。この本に出てくる地方は家島以外は全て行ったことがありますのでイメージしやすく、ちょっとした小旅行をしているかのような本でした。また、地方地方の人との触れ合いなども方言も交えて描かれていてその場にいるような気にさせてくれる本でした。

本と鍵の季節

堀川次郎は高校2年生。高校では図書委員をしています。その友達の松倉詩門も同じく図書委員の高校2年生。この二人が様々な謎というか問題を解決していきます。金田一少年のような古畑任三郎のようなあるちょっとした気付きや疑問点で謎が分かります。読んでいるうちにどんどん引き込まれる本です。何が良いのかというと2人のチームワークというか気付きの観点が違うという点です。金田一少年も古畑任三郎も1人で何かを解決しますが、この物語の2人はちょっと気付きの論点が違います。上手い具合にお互いの気付きが重なり合って謎を解決しているという点がとても面白かったです。

主人公の堀川次郎君は相手を信じ相手の話から気付きを導くタイプ。どちらかというと性善説タイプです。それに比しクールでイケメンな松倉詩門君は相手を疑うことから始めます。どちらかというと性悪説タイプです。お互いのタイプが違いながらもお互い無い部分を補うためそこには友情だけでなく信頼関係も生じ最後には自分の秘密まで知られてしまうという奥の深いお話でした。

本を読んでいるとこれは物語ではなく、本当に実在する人物なのではないか?と思ってしまうほど内なる個性が、そして内なる感性の違いの細かさが表現されています。同一人物が書いたと思えないほど、2人ともあり得る人物像なのです。2人とも鋭いので言葉が無くても通じ合えたり必要以上の話をしないのですが、徐々に友情も芽生えてきます。読めば読むほど味が出る。そんな本でした。

ロンリネス

この本は女性雑誌「VERY」に3年間連載されていた作品をまとめた小説です。この雑誌のターゲットである30代から40代にかけての女性が主人公になっています。結婚・出産・育児・復職・恋愛など、主人公有紗の目線で小説が展開されます。雑誌に毎月連載されていただけあり、女性目線が細かく描かれていて、女性なら主人公と一緒に悩んだりしてしまうのではないか?と感じる小説です。

あまりにもリアルなので作者の実体験なのか?と思うほどです。特に夫に対する感情がリアルで、家のことを何もしない気が利かない夫に対するイライラなどは多くの女性が抱えている感情と一致するのではないでしょうか?女性は男性よりも結婚という事態に生活が大きく変化します。それに出産・育児が加われば尚更です。この小説はVERYの多くの読者を惹き付けたことでしょう。しかも夫婦にはどうしようもない問題というものが存在します。

例えば有紗には子供がいるのですが、もう一人欲しいという有紗に対し、夫の俊平は1人で充分と取り合いません。理由は経済的に1人で手一杯との事です。それなら一人の子供にお金をかけようと私学に入れたいと言っても取り合ってくれない。理由はそんな余裕はない。という事。この場合、どちらが正解なのでしょうか?どちらが正解かは何とも言えませんよね。夫婦は元々他人ですから様々な考えの相違があって、どちらが合っているとか合っていないとかそのような問題ではなく、どちらかが受け入れる。又は二人で歩み寄るしか解決は無いんだな~他人と暮らすのは大変だ!とつくづく感じた本でした。

影裏

芥川賞受賞作品です。読み方は「えいり」です。不思議な本でした。釣りの描写や風景の描写で妙に細かく繊細な書き方をするなと思うところと、日常をあっさりと何の感情も表現せずに淡々と物語が進むところと、もう少しそこ説明した方がいいんじゃない?と思う部分と、何だろう。この違和感。

主人公の男性は釣り好きでお酒好きでお洒落な感じではなく線が細いイメージですが、別れた恋人は男性のようだからゲイなのか?でも感情を書かないので、何だかよく分からなく芥川賞とはこういうものなのかと私の理解を超えている世界のようでした。

ただ、この本に出てくる鮠(うぐい)という魚を知らなくて、どんな魚か?と思っていたところ、たまたま田沢湖で絶滅したクニマスの事を調べていたときに、生き残った魚として鮠が出てきたので、おおっ何というタイミング!と思ったくらいです。影裏の本の内容からすると、捕まえてもしょうがない魚らしいですが・・・94ページしかない短編小説でしたが、何だかとても不思議な本でした。

いとしのヒナゴン

この本の表紙の絵にお茶目さを感じ購入しました。舞台は比奈という田舎町のヒナゴン騒動にまつわる話です。30年前に不審な生き物を見たという証言が相次ぎ人々はそれを「ヒナゴン」と呼んでいました。謎の類人猿が十数回に渡って目撃されてい全国的にもヒナゴン・ブームも沸き起こりました。それが今年になってから4人も目撃証言が相次ぎ再びヒナゴンに着目され始め、比奈町役場では町役場類人猿課までできて盛り上がっています。

主人公のノブは25歳の女性で東京にいたが比奈町に戻ってきて町役場の類人猿課で働きます。比奈町長のイッチャンは40歳ですがヤンキー上がりのヤンキーのまま大人になった常識外れな市長。その他にも様々な個性の強い人々が登場しますが、この町長が強烈です。本を読んでいて始めは誰がこんな人を町長にしたのか?こんな人町長になるのか?と正直思いましたが、ところどころで損得勘定なしの人情派の一面を感じます。

ヒナゴン探しを通じての人間模様が描かれていますが、大人になるって変化することだけど、変化しないことも必要なんじゃないか?また、もっと年をとったら変化したくなくても変化してしまうんだと色々考えさせられる本でした。