銀河鉄道の父

銀河鉄道の夜は御存じ宮沢賢治氏の作品ですが、こちらは銀河鉄道の父というタイトル。何じゃこれは?直木賞?どういうこと?という感じで購入しました。この本はズバリ宮沢賢治の生まれた時から亡くなるまでの伝記に近い作品です。

宮沢賢治は質屋である金持ちの家の長男として生まれ、家族の期待も大きく成績も優秀で学校を卒業しました。ところが稼業には合わなく帳簿合わせなどは才能があるもののどうも大人相手の値決めなどの交渉事には向きません。自分でもそれが分かっていて家を飛び出し東京に行くもパッとしません。賢治の父は24才ですでに結婚もし賢治の父となっていて、それでいてバリバリ働いている大人でした。ところが賢治は24才になっても結婚もしていないし、ましては給料も僅かて自分が生きるのも苦しいくらい・・・実家から金銭が送られてきますが、それも受取拒否します。

賢治は5人兄弟姉妹で長女のトシは賢治にも劣らず優秀でかつ、賢治より自分の意見を持ち事業家としての素質もありそうです。でも女だからの言う理由で裁縫などを学ぶ女学校に行きます。トシは若くして病気で亡くなり、そして賢治も若くして病気で亡くなります。厳格な父は自分より先に長男と長女を失います。この時代というものがこの本を通じてよく分かりました。この本を読んだとき宮沢賢治はゴッホのようだなぁと思いました。

超時間術

前回ブログでお金ということに着目した映画の感想を書きましたが、この本は時間という事に着目しています。やる事は沢山あるのに時間がないと感じてしまう理由を紐解き時間汚染に打ち勝つ働き方を提案しています。

運動したいけど仕事がある。とか、勉強しないといけないが眠りたい。とか、貯金をしたいけど欲しいものがある。というのは、ゴール(目標が)コンフリクト(衝突しあった状態)というそうです。このゴールコンフリクトが時間不足の感覚を生み出す最大の原因だそうです。この焦りが時間がないように感じる。つまり、あくまで自分がどう思うかに左右されるというのです。

これらについて実行ベースでの様々なアドバイスが書かれており、時間がないと感じるのは思い込みの部分が多いということでした。それにストレスも多く関わっているとか・・・ストレス解消法まで伝授しています。常日頃から時間がないと感じている方。一度目を通してみてはいかがでしょうか?
「究極の成功とは、自分のやりたいことをするための時間を自分に与えることである」奥が深いですね。

吹上奇譚

本屋さんでこの表紙の少女と目が合ってこの少女の目に吸い込まれるように買ってしまいました。「吹上奇譚」読み方分かりますか?「ふきあげきたん」だそうです。奇譚とは不思議な物語を意味するようなだけあって、不思議なお話でした。二卵性双生児の双子の姉のミミと妹のこだちは、幼い時に両親が交通事故にあい父は亡くなり、母は眠り病になっていまでも病院で寝続けています。この姉妹は母の友人であったアイス屋さんを営んでいるコダマさんちにお世話になっていました。

大きくなっていつまでも目覚めない母とそして他人であるコダマさんにお世話になる申し訳なさもあり、2人で東京の下北沢に部屋を借り、姉のミミは短大の文芸学科に通い、妹のこだちは洋裁の専門学校に通います。卒業して仕事が安定してきた矢先、ある日突然妹のこだちが居なくなります。コダマさんや姉のミミは必死になって探しますが見つかりません。

そんな時、ミミは藁にもすがる思いで、虹の家を訪ねます。そこには同じく双子の姉妹がいて予言者のような仕事をしています。双子と言っても見た目は老婆と少女です。その予言を基にミミは行動を起こします。この地域には昔から異次元の人と生粋の日本人が混在していて、ミミやこだちは父(純粋な日本人)と母(異次元の人)とのハーフだということを知ります。親子愛姉妹愛そして家族愛を感じるファンタジー小説でした。

星の子

本屋さんで何気なく手にした本です。夏の夜に読みたくなる表紙でした。主人公の女の子は幼い時、体が弱くて両親は家と病院のあいだを駆け回る毎日でした。生後半年経った時、湿疹が全身に出て両親は父の同僚が勧める水を使ってその水を浸したタオルで優しくなでるように洗っていたら徐々に良くなり2カ月で完治したことから、この水「金星のめぐみ」を使うようになります。

この主人公の林ちひろが中学3年生になるまでの日々が綴ってあります。特に重大な事件があるわけでもなく日々の暮らしが綴られています。ちょっと変わったことと言ったら、姉が家を出て行ってしまったこと。そして、両親は毎日緑色のジャージの上下を着ていて、頭にタオルを置いて金星のめぐみを頭のタオルにかけていることくらいです。そのため、周りからは変な目で見られたり、変な宗教に入っているのかと疑われたりします。

確かにこの描写を想像するとかなり変な映像が浮かびますが、両親は真面目で他人に迷惑をかけているわけでもなく、娘を救ってくれた水にただ感謝して使用しているに過ぎません。でも、傍から見たらかなり変な人です(見た目だけで)。両親はただ水の力を信じてるだけで他人に迷惑をかけているわけでもないのに、この異質性が他人から見ると排除的要因になりうるんだなぁ。でも他人と同調することが良いことのわけでもありませんし、そういう意味で今まで気にしなかったというか気にしたことのなかった問題を目の前に突き付けられたような本でした。

コンビニ人間

36歳独身女性、恋愛経験なし職業コンビニアルバイトの恵子。大学1年の時からコンビニでバイト、今は週5日9時から17時までアルバイトをしています。そんな彼女が周りの人から「結婚しないの?」や「なんでアルバイトなの?」と聞かれまくる年齢になり息苦しさを感じます。自分ではこれで満足で特に不満はないのに周りから見ると自分は普通ではなくちょっと外れた存在に見えるみたい・・・あまりにも周りの声がうるさいので自分は変わる必要があるのだろうか?と悩みます。

同じく35歳独身男性職歴なしの白羽さんが同じコンビニに入ってきて、コンビニという職業を下に見ている感じ。それでいて男は外に狩りに行って(働いて)子孫を残してもっと働くというのが縄文時代から何も変わっていない。女性は男性に寄生して何もしなくても結婚さえすれば何も言われないが男性は結婚して子供を作り外でバリバリ働かないとムラ(社会)から爪弾きにあうと社会に不満を言う男性。とりあえず、結婚して女性に稼いでもらいそのお金で起業しようと考えています。

お互い好きなわけではありませんが、恵子は周りの人からあれこれ言われるのを回避するために、白羽さんは女性に寄生するために同棲し始めます。恵子は18年間コンビニで働いているだけあってコンビニの声(どうしたら店の運営がうまくいくか)を熟知しています。何度か他の仕事にも就こうと思いましたが全て失敗しました。ところがコンビニは全てマニュアルがあってきちっとそこを押さえておけば良いので恵子はとても働きやすかったのです。

30代になると女性なら結婚しているか結婚していないならバリバリ正社員として働いているのが普通。男性なら正社員で働いているのが普通。それ以外の人はとても居心地が悪い社会を生きているというのです。コンビニ描写がリアルで色々なことが多様化している時代でも何故か普通ではない路線を生きると周りの人の目が厳しい世の中なんだということがまざまざと書かれています。普通ってなんなの?と考えずにはいられない本でした。

カラヴェル深紅色の少女

ご存知2018年の本屋大賞受賞作品です。翻訳小説部門で第1位を取りました。威圧的な権力者である父に育てられた姉妹の冒険ファンタジー小説です。父から逃げるように船乗りのジュリアンの手助けでカラヴァルに向かうスカーレットとテラ、そこでテラとはぐれてしまい、ジュリアンとスカーレットはカラヴェルを実行しながらテラを探します。カラヴェルとはレジェンドの島で行われる夢のイベントで、何が真実で何が偽りかわからない魔法に満ちたゲームで5夜に渡って繰り広げられるものです。優勝者には願い事を叶える権利が与えられます。

ハリーポッターシリーズに似たような謎と魔法に満ちた本でした。ワクワクするようなそれでいて怖いような不思議な感覚。表現のすべてにどうなっているんだ?と想像することができます。ディズニーランドにいるようなUFJにいるようなそれに怖さと魔法をプラスしたようなそんな本でした。

奥手なスカーレットは野蛮なジュリアンと一緒に過ごすうちにそこに好意も生まれてきたりして恋に冒険に満ちた本でした。頭の中で色彩豊かな世界観が広がる感じです。日本人が書く本とはなんか異質な感じがします。不思議な世界に満ち溢れる本でした。

かがみの孤城

ゴールデンウィークに読み終えました。2017年本屋大賞受賞作品です。私は本屋大賞には一目置いています。直木賞や芥川賞のように読んで落ち込んだり考え込んだりする本がないからです。様々な理由で同じ中学校に行けなくなった子供たち(いわゆる引籠りの子もいます)7人が自宅の鏡に引き込まれお城にやってきます。そこには自分の個室がありそれぞれが自由な空間。通常なら学校に行っている日本時間の朝9時から夕方5時までこの不思議な城に入れます。来年の3月までに願いの部屋に入る鍵を探して願いを1つ、1人だけ叶えることができるという特権があります。願いが叶った時点でこのお城は閉鎖されますが、鍵が見つからなくても来年の3月30日に閉鎖されます。

本を読み進めているとあれ?これいつの時代の話?とか時間の感覚とかあれ?と思うことも描かれています。でも当初の設定が設定なので気にせず読み進めていると最後の章でビックリするような展開になります。そうか。あの不思議な感覚はそういうことだったのか・・・そんなことならもっと注意深く読めば良かったと後悔します。そんな本です。終わり方も現実の世界での次の展開が想像できるような良い終わり方です。不登校になる理由は人それぞれ、それを理解している大人ってあまりいません。唯一ズバリ理解していたあの人が実は〇〇さんだった。知り合う前から知り合いだったという温かい気持ちで読み終えます。流石本屋大賞!という作品です。

行動経済学入門

この本は2017年にノーベル経済学賞を受賞したリチャード・セイラ-教授の本です。経済学とは本来は最も合理的で利潤が最大値になる方法を選択するものですが、現実は違います。何故でしょう?それは心理学と密接に関係があってそれが行動として現れます。それがよく分かる本です。例えば1つの物を自分が持っていてそれを第三者に売る場合の希望売却値段と、同じものを第3者から買う場合の希望購入値段では、同じ人が査定しても2倍以上の価格差になるそうです。(売る希望の方が買う希望よりおおよそ2倍高くなる)それは一度手にしたものは愛着が生まれ手放すのに勇気が入り価格差が出るそうです。そういえばオークションサイトなどでなんでこれがこんな高いの?と思うものって結構ありますね。

そんな身近な話から始まって株価の変動方式、ロトシックスなどの当選倍率が上がる方法など様々なことが書かれています。途中難しい算式まで現れとても専門的な分野にまで及びます。さすがノーベル経済学賞を受賞した教授だという感じ、一度読んでみると経済学は心理学(行動)と密接につながりがあることが分かります。そういえば、明治大学MBAでマーケティングの教授も、関係性マーケティングの事をおっしゃっていました。やはり人間は感情の動物。関係性を築きたいかどうかで行動も違ってきます。経済学もマーケティングもそういう意味では心理学(行動)が大きく関わってくるのですね。

身近な人が亡くなった時の相続手続きと届出のすべて

今月は本を読む時間がないほど忙しかったからではないのですが、出版物の紹介です。相続手続きの本を出版しました。皆様はお父様やお母様はご存命でしょうか?相続税は国民の約8%くらいしか課税されませんが、相続はこれから経験する確率が非常に高いですね。やったことないことは誰でも苦手です。そういう意味では私の父も母もまだ元気なので親族としての経験はないのですが、税理士や相続診断士としての経験はあります。

死亡届は7日以内に市区町村に提出しなければいけませんし、相続放棄するなら3カ月以内、所得税の申告は4カ月以内に済ませる必要があるし、相続税が発生する人は10カ月以内に申告しなければいけません。公的年金や遺族年金の手続き。寡婦年金・死亡一時金の手続き。健康保険の資格喪失手続き。手続きをすれば必ず貰える葬祭費や埋葬料もあります。銀行やクレジットカードの解約もあるし・・・どこまでやったら良いのか?何をどのようにどこでやれば良いのか?など初めての体験ですと見当もつかないと思います。

そんな時に役立つ本です。手元に1冊あると便利です。是非ご活用下さい。アマゾンでも本日より販売開始、書店では3月19日から販売開始です。

蜜蜂と遠雷

蜜蜂と遠雷は2017年本屋大賞と直木賞をダブル受賞した作品です。これを読まないわけにはいかないでしょ。ということで早速読んでみました。様々な背景を持つピアニスト達がピアノコンクールに臨む姿が描かれています。読み始めはなんとなく退屈な感じがしましたが、読んでいるうちにハマってしまい、夜中の2時まで読んでしまってしまった!早く寝なきゃという日もあった本です。ピアニスト達が奏でるメロディーがなんか頭の中でイメージできてワクワクするような感じ・・・この前、生のオーケストラを聞いた時のような感動が本なのに感じられました。

この本の不思議なところは、主人公がいないこと。というか数人がそれぞれ主人公なところです。通常の小説では誰か1人が主人公でその人の目線で物語が綴られていきますが、この本は数人の主人公がその場面になると主観的に描かれるところです。主人公がコロコロ変わるので初めは感情移入しづらく読みづらかったのですが、読んでいるうちにその人の個性を深く知ることができ、人によってこんなにも感情というのは変わるのだなぁと思えました。そして深みにハマっていく。そんな本でした。

それと天才ピアニストと呼ばれる人達の共通して持っている才能はとにかく耳が良いことみたいです。そういえば、実在する盲目のピアニスト辻井伸行氏も楽譜が見えなくても耳だけで音を覚えるらしいです。そのことを思い出しました。この本は音がページから溢れてくるような本です。