観ました!

日本人男子初のマスターズ優勝があるかも?と今回噂されていて、いつも日本時間の夜中にLIVE放送されるので全部観た事ありませんでしたが、今回初めて最初から最後まで見てしまいました。夜中に起きなきゃというプレッシャーから1時間前の2時40分くらいに目が覚めました。ここで寝たらもう起きられないと思いテレビを付けてみると、松山英樹氏がアプローチの練習をしているところでした。アプローチ・パター様々な練習をしています。これを見るだけでもためになる。と思い観ていました。松山氏は最後の組なのでこの時間から私もドキドキしていました。

2位と4打差あるから何か間違いを起こさなければ優勝するだろうと余裕の眼差しで観ていましたが、最初のホールから右側の林の奥に打ってしまったり、早くもハラハラドキドキし始めました。その後見事なくらいのアプローチやパターに惚れ惚れしながらも、林の中に打ち込んだ玉が偶然に木に当たってフェアウェイに出てきたり、2位の選手に連続バーディを打たれてスコアが迫ってきたり、挙句の果てに池に打ち込みボギーになったり・・・もう心臓いくらあっても足りない展開になります。ゴルフって面白いもので18ホールの中で凄いナイスなショットもダメだったというショットもラッキーなショットも不運なショットも全て詰まっています。どんなに上手な選手でも全てナイスというのはありません。まるで人生を見ているかのようなものです。

観れば観るほど興奮してきて目が冴えてしまい心の中で「松山くん、頑張れ!負けるな!」と叫びます。松山氏が初めてマスターズに出場したのは2011年の東日本大震災の年、そして10年後コロナの年の2021年やっとメージャー優勝しました。最後の方ではアナウンサーや解説者もみんなで泣いているのが分かります。それほど凄い試合でした。青木功氏も尾崎将司氏も中嶋常幸氏も達成できなかったアジア人初のグリーンジャケットが日に焼けた顔に似合っていました。おめでとうございます。そして感動をありがとうございました。

かばん屋の戦略に乗ってみた!

様々なサブスクリプション(定額制サービス)を試していますが、今回はラクサスという会社でブランドバック借り放題という月額7,480円を試してみました。借り放題と言っても1ヶ月の内に2回目以降は送料1,000円が取られるのと、返して届いてから新しいものが送られてくるので、それが5日間くらいあるので頻繁に借り換えしていると使う期間がなくなると思い、1ヶ月同じバックで過ごしました。まず、会員登録して身分証明書も提出します。そりゃ高級バックを貸してくれるのですから何かあったら大変なので運転免許証等の提示が必要になります。その後希望バックを選ぶとすぐに送られてきます。

すぐにヤマト運輸で大きな箱に入って送られてきました。え?これ新品?というくらい綺麗なバックが送られてきてびっくり!とりあえず使い始めました。バックは小さいものから大きなものまで沢山ありますが、私が借りるのはA4ファイルが入る大きさです。綺麗に使うとポイントが貰えるようなので綺麗に使いました。あと注意点が書いてあった紙も入っていました。禁止事項はアルコール消毒はしない(既にラクサスで行っていて下手にやると色落ち等する可能性があるから)ボールペンなど筆記用具を直接いれない(直接入れるとインク漏れでカバンが汚れたりするので必ずペンケースにいれる)香水などもいれない(漏れてカバンにシミを作る可能性があるから)ペットボトルも直接入れない(香水と同じ理由です)ちゃんと実行しました。

そして1ヶ月使用して返却して次のカバンを予約したら先方に届いた翌日に発送してくれました。私が送り返してから次のカバンがくるまでは5日間でした。次のバックは使用感があるものでしたが、買うと高いので満足しています。月に何回でも郵送賃を払えば交換できるようですが、私の感覚では1ヶ月1回くらいがちょうど良いのではないかと思います。私は借りる専門ですが、自分が持っているブランドバックを貸すこともできるみたいです。貸すと月2,000円貰えるみたいです。ブランドバックが家に溢れている方は利用するのも良いかもしれませんね。

騙し絵の牙

騙し絵という題名が付けられていたので、コンフィデンスマンJP的な映画だと思って観に行きました。観客は15人いました。コンフィデンスマンJPシリーズはまんまと騙される映画ですが、この映画はそういったものではありませんでした。出版業界の話で、紙の媒体が売れなくなってきて今後どう戦うか?どう変わっていくか?という事が描かれています。変化の時というのは必ずそれに賛同するものと反対するものが現れます。いつの時代もそうです。そして昔より今の方が時間の流れが早くなっています。3年前の斬新なアイディアはもう古いのです。

この映画は騙した騙されたというより時代の流れにどう対応するのが適切かという感じ。今大河ドラマで「青天を衝け」をやっていますが、渋沢栄一氏が生きた時代は激変の時代です。生まれてから亡くなるまでとても激変した時代に生きた人なのです。実は今、それと同じような事が起きようとしているのではないか?というかもう始まっているのではないか?私は今後どのように生きるのか?何を選択すべきか?そんなことを感じた映画でした。