新・北斎展

只今、六本木ヒルズ52階の森アーツセンターギャラリーで北斎の展示会が開催されています。休日に行ったのでそりゃあ混んでいました。入口で40分待ちと言われたものの実際は80分待ちでした。もちろん北斎の作品は全国に散らばっていて、それを各地から寄せ集めて(借りてきて)の開催です。島根県立美術館や日本浮世絵博物館、ベルギー王立美術歴史博物館、メトロポリタン美術館やボストン美術館やその他全国各地から借りています。その数何と479作品。

途中椅子などもあり、もうそろそろ終わりかなと思ってリストを観たらまだ5分の3程度しかみていなかったという。何しろよくぞここまで集めたな。という感じでした。ホームページを見ると「果てしない北斎ワールドにようこそ」とあります。まさしく果てしなかった。。ピカソもそうであるように画風や作品が年代によって少しずつ違っていて、また名前も少しずつ変えたりしているので、春郎期/宗理期/葛飾北斎期/戴斗期/為一期/画狂老人卍期に分かれて展示してあります。

そして最後に「雨中の虎図」と「雲龍図」の掛け軸が圧倒的存在感で展示してあります。実はこの「雨中の虎図」は太田記念美術館から、「雲龍図」はギメ美術館から借りてきたものですが、その2つの作品は、サイズもほぼ同じで、表装や落款(九十老人卍筆)も全く同じものでした。これを二つ並べてみると龍は天から、虎は地から向き合っています。北斎晩年の集大成の作品が日本とフランスに離れ離れに存在していたのです。まぁ兎に角凄いので1度観に行くことをお勧めします。

初めての一人旅(鞆の浦・仙酔島)1

今年おみくじで一人旅をしようと書いてあったのと、JALのマイルの期限が1月末日までのものがあったため、どこかにマイルで旅をしてきました。選ばれたのは広島でした。広島は何回も行ったことがあり、宮島(厳島神社)・広島市内(原爆ドームや広島平和記念公園)・尾道には行ったことがあります。尾道は好きなのでもう一度と思いましたが、今回は行ったことがない鞆の浦と仙酔島と福山城に行きました。

2泊3日で行きました。鞆の浦はノスタルジックな町並みの港町でよく映画の撮影なども行われています。3連休にかけていったのですが、3連休とは思えないほど観光客がいなくて外国人も居ません。町を歩いているととても落ち着く幸せな気持ちになる町でした。仙酔島は鞆の浦から船で行くホテルが2つしかない島です。ここは散歩コースが充実していて、緑が多くそして自然も多いという至れり尽くせりの島です。

初めての一人旅でしたが、メリットやデメリットも感じることができ、とても充実した内容でした。メリットとしては自分の思うように行動できる!という事が1番かもしれません。デメリットとしてはそもそも温泉宿などは2人以上でないと泊まれなかったり、やはり何だかんだ言って夕食時などに話し相手がいないのは寂しいですね。次回のカテゴリーFPでもう少し掘り下げて旅行の感想をお話します。

・鞆の浦


・仙酔島

ふるさと納税見直し

平成31年度税制改正大綱では、指定を受けた自治体以外への寄附はふるさと納税制度の対象外となります。指定を受ける基準とは、①返戻割合は寄付額の3割以下であること。②返礼品は地場産品であること。この2つの要件を満たさないと、ふるさと納税の対象とはならなくなります。

総務省はこの度、この要件に違反している自治体(実質3割超52団体)(地場産品以外100団体)を発表しました。
それがこちらとなります。総務省ふるさと納税
この取り扱いは平成31年6月1日以後に支出された寄附金から適用されます。ですから今後はふるさと納税の選べる品や種類が限定されてきます。

これは平成27年頃から、ふるさと納税の受入額と受入件数が大幅に伸びて、平成27年度には受入額1,652億円(件数191万件)から平成29年度には受入額3,653億円(件数1,730万件)にまで増えて、自治体同士の返礼品の充実に力を入れ始めたことと、利用しやすい制度改革が大きな要因となります。特に返礼品の充実は過熱の一途をたどり、ふるさと納税という本来の趣旨から逸脱した返礼品合戦になりました。そこで総務省はこのような要件を出したのです。今後大幅にふるさと納税制度が変わりそうです。

病院やクリニックを建設するなら3月までに契約を

今年の10月から消費税が10%になるのは御承知かと思います。ただ、請負工事の場合、指定日(今年の4月1日)より前に契約して10月1日以降に完成したものについては8%が適用されることになります。

例えば、3月20日にクリニック建設の請負工事の契約を1億円で行いました。完成は10月20日だったとします。この場合でも契約が指定日(4月1日)より前なので8%になります。ところが同じ工事でも4月に入ってから契約しますと完成が同じ10月20日だとしても10%になります。建物の場合、金額が大きいので3月までに契約していれば完成が10月以降でも800万円の消費税ですが、4月以降の契約で完成が10月以降ですと1,000万円の消費税でその差は200万円にもなります。

つまり4月以降の契約ですと完成が9月まででないと10%になってしまいます。以下その他の事例を示します。
例1:3月31日までの契約で完成が9月末まで→8%
例2:3月31日までの契約で完成が10月以降→8%
例3:4月以降の契約で完成が9月末まで→8%
例4:4月以降の契約で完成が10月以降→10%
例5:契約が3月までであったが追加工事をしてその契約は4月以降で完成は10月以降→本契約部分は8%、追加工事は10%
請負工事の場合、上記のように契約時と完成時の時期によって様々なパターンになります。ただでさえ医療法人は消費税損税問題があるので出来るだけ現金支出を減らすためクリニックの建設を控えている場合は3月までに契約することをお勧めします。

都民芸術フェスティバル2019

今年も1月15日から3月31日まで都民芸術フェスティバルが開催されます。詳しくはこちらまで↓
https://tomin-fes.com/

昨年もこのオーケストラを観に行きました。オーケストラは東京芸術劇場で行われるので当事務所から徒歩5分。とても便利です。その他にもバレエであったり、能楽、日本舞踊、寄席まであります。どれもこれも通常観覧するよりだいぶお得な感じの価格設定なので、右脳が疲れている皆様にお勧めします。

私も繁忙期に入りそろそろ右脳の栄養を欲する状態になってきましたので、何かしら観に行きたいと思っております。

消費税率改定に伴う診療報酬改定

医療法人の消費税損税問題はこのブログでも何回か話題にしましたが、毎年の税制改正でも厚生労働省から改正要望を出しているもののなかなか改正されないというのが実情です。現に今年10月の消費税率10%改正時にも医療法人の消費税損税問題は無視され、診療報酬改定で何とかしてくれという回答でした。

厚生労働省の中医会の消費税分科会で1月9日に行われた会合で消費税改定に伴う診療報酬改定の方針が承認されました。内容は初診・再診料は5.5%の増額改定です。消費税が5%から8%に改定されたときに充分な診療報酬改定が行われなかったため、今回の診療報酬改定は前回(5%→8%)と今回(8%→10%)を考慮して上乗せ率が増額されます。

ですからこの5.5%の上乗せ率は現行の点数への上乗せではなく、2014年改正前の点数への上乗せ率となります。入院基本料・特定入院料の上乗せ率は以下の通りとなる方向です。
分類Ⅰ 急性期一般入院料&特定入院料 4.8%
分類Ⅱ 地域一般入院料&特定入院料 4.0%
分類Ⅲ 精神病棟入院基本料(10対1・13対1)&特定入院料 2.6%
分類Ⅳ 精神病棟入院基本料(15対1以下)&特定入院料 2.2%
詳しくは下記資料をご覧ください。
消費税改正診療報酬

認知症の備え

今や65歳以上の人の5人に1人が認知症になると言われています。経営者が認知症になると、意思能力がなしと判断され、契約書に判が押せなくなります。たとえ押せたとしても意思能力がない者の契約になり契約無効となってしまう可能性があります。認知症になると法律行為が行えなくなるため自己資産の処分ができないばかりか、自社の議決権の行使もできなくなり事業承継に関する法律行為もできなくなります。

認知症を発症した場合でも家庭裁判所を通じて法定後見人を付けるなどの対策も取れますが、労力が必要以上にかかり、また、後見人は本人の財産を守る立場にあるため硬直的にならざるを得ないというのが現状です。ですから発症前に対策を講じることが重要です。

認知症にかかる前であれば「任意後見」を使う道もあります。任意後見は法定後見ほど制約が厳しくないからです。それとは別に「民事信託」を使う方法もあります。これは信頼できる誰かに財産を託す方法で信託先や信託内容は自由に選ぶことができます。いずれにせよ、備えあれば憂いなしですね。

国際観光旅客税

今月1月7日より国際観光旅客税が課税されています。これは、日本から海外に出国する際に一人1回1,000円の税金を徴収するというものです。実際には航空券に上乗せする形で強制的に徴収されます。日本人が海外に行く場合は行く時に、外国人が日本に来るときには帰る時に課税されることになります。

ただし、非課税になる場合があります。それは出国する時の年齢が2歳に満たない子供や、日本を乗継として利用する場合(24時間以内に出国する場合に限る)の乗継旅客、天候が悪化したため日本に緊急着陸しその後出国した場合には非課税とされています。

また、楽器などの座席スペースを確保するために1人で2席分の航空券を購入した場合は1人分の国際観光旅客税で済むことになっております。国際観光旅客税の創設により初年度は60億円の税収を確保し、平年度は430億円の税収を確保することを目標としています。

アリー/スター誕生

レディー・ガガがナチュラルメークで出演していることでも話題になっている映画です。レディー・ガガ扮するアリーは歌は上手いが鼻が曲がっているというコンプレックスを抱えています。だから自分は一流の歌手になれないと思っていて、昼間はレストランで夜はバーで歌っています。ある日有名なカントリー歌手のジャクソンがその歌を聞きその声に魅了され彼女を自分のコンサートに起用します。そこから彼女がスターへの階段を駆け上がるまでの日々を描いています。

アリーとジャクソンはその後結婚します。ジャクソンはアリーのポップ歌手としての転身を快く思っていなく、アルコール中毒が重症化します。アルコールとドラックに溺れるジャクソンですが、アリーはそんな彼でも変わらず愛しています。ジャクソンに悲劇が訪れて終わります。アリーはジャクソンを救えませんでした。アリーの落ち度は全くないのに救えませんでした。切ない・・・

この映画の中で何度もアリーの歌やジャクソンとアリーのデュエットが流れます。いい曲だなぁと思って聞いていましたが、ある日蟹屋さんでこの映画のサウンドトラックが流れてきてつくずく良い曲ばかりじゃないか!と改めて思いました。やはり歌は心を揺さぶりますね。

戦略の本質

この本面白いです。ビジネススクールでは学べない絶対負けない戦略論と謳っているだけあって、ビジネススクールでは聞いたことのない事が書いてありました。というよりビジネススクールで聞いたことに一歩踏み込んでいると言った方が正確な気がします。マイケルポーター氏の「競争の戦略」。野中郁次郎氏の「失敗の本質」にも触れ、はいはいその辺まではビジネススクールで学びました。と思っていたところで、IDAサイクルというのが出てきます。

これは一般的に有名なPDCAサイクルではなく、自衛隊で実際に重要視しているI(information情報)D(Decision決心)A(Action実行)が重要だと言います。つまり情報は敵、地域に関する情報や自分の部隊の状況や処理されていない情報資料も含んだ幅広いものを示し、その中で指導官として的確な指示(決心)を時間的制限があるなかで実行しなければならない。というものです。確かに未曽有の災害などはいかに情報を得て的確に判断するかが大事ですね。しかも現在は昔と違って時の流れが速い。1年前の最新はあっという間に陳腐化します。

それと日本人特有の「集合的無意識」についても触れていました。日本人は最もハイコンテクスト文化な国民だそうです。これはコンテクスト(文脈)の共有性が高い文化のことで意味を伝えるための努力をせずとも相手の意図を察し合い、なんとなく意思疎通が図られてしまう環境を差します。とりわけ日本は先進国のなかでももっともハイコンテクストの傾向が強いそうです。いわゆる言葉なくとも場を読む能力ですね。対する欧米に多いローコンテクスト文化ではコンテクストに頼ることなく言語によってコミュニケーションを図ろうとします。ですから海外では遠慮や優しさが相手の好意を引き寄せるという日本人的な美徳がまったく通用しないことになります。

日本人と米国の奥さん数人に「熊が突進してきたとき、あなたは子供をどのようにして守りますか」と聞いた時、その返答は日米で正反対だったといいます。アメリカ人の奥さんは全員、子供をはねのけて相手に直面し、両手を広げて仁王立ちになる。それに対して日本人の奥さんは全員、子供の身体を自分のほうに向けて胸に抱きしめ、熊には尻を向けうずくまる防御姿勢を取ると答えました。防御姿勢では、襲ってくる相手の姿が目に入らないため攻撃者の攻撃に対してどのように対抗し、こちらから相手を威嚇して撃退するかという方法論の組み立てが成立しません。己の身を犠牲にしてどう子供を守るか、あるいは運よく見逃してくれるのを待つという手段しか取れないのです。それが集団的無意識です。なかなか深いことが書いてある本でした。