自筆証書遺言制度の改正

遺言書は自筆、つまり自分で書かなければなりませんでした。遺言書には、遺言の文章・日付・氏名を自書して押印します。ただ、全て自分で書くためちょっと間違えてしまうとトラブルの元となります。不動産の場合は、所在、地番、地目、地籍等を記載して、預金などは、金融機関名、支店名、口座番号などを記載しなければならないからです。

財産が多いほど、財産の表示を間違えてしまうリスクも多くなります。今年から民法が改正になり、財産目録だけパソコンで作成したり、不動産登記簿謄本や通帳のコピーなどを添付したりすることが認められています。

注意点としては、パソコンで作成した財産目録や通帳のコピー等には署名押印する必要があります。財産目録の形式はありませんが、本人が作らなくても本人が確認して署名押印すれば良いのです。財産目録が何枚かになる場合にはそれぞれに署名押印し、両面に渡るときは両面に署名押印します。

キャッシュレス消費者還元事業

2019年10月1日から消費税が10%に引き上げられますが、同じく10月1日から2020年6月30日までの9ヶ月間、消費者が中小企業であるキャッシュレス登録事業者からキャッシュレス(クレジットカード・デビットカード・電子マネー・QRコード)で決済した場合、決済額の5%が消費者に還元され、フランチャイズの場合は決済額の2%が消費者に還元されます。

仕組みは次の通りです。
①まず、キャッシュレス決済事業者(クレジットカード会社や電子マネーを行っている会社:例VISAカードやWAONなど)が対象店舗(登録会社)を募集します。
②この制度に乗っかりたい中小・小規模事業者(業種によって資本金等の基準と従業員の数の基準があります。ちなみに小売業だと資本金5,000万円以下、従業員50人以下)はクレジットカード会社や電子マネー会社に応募して登録します。
③キャッシュレス決済事業者は登録会社に決済手段(電子決済できる機械など)を提供します。
④消費者が登録会社で商品を購入したりサービスの提供を受けて、その際にキャッシュレス決済をします。
⑥消費者は後日、キャッシュレス決済事業者から5%(フランチャイズの場合は2%)還元を受けます。
⑦キャッシュレス決済事業者は還元した金額について国に補助金を請求します。
⑧国はキャッシュレス決済事業者に補助金を交付します。
以上が流れです。

注意点としては、大企業は登録会社になれません。登録会社になりたい中小・小規模事業者は登録審査があります。今すぐ申し込んでも1カ月半~2カ月くらい登録するまでに時間がかかります。また、決済事業者は加盟店になるため加盟店手数料を支払う必要があります。ただし、期間中は加盟店手数料割引があり、その手数料は3.25%以下でそのうち3分の1は国が補助します。メリットデメリットを考慮の上、登録会社になる必要がありますね。また意外と登録会社になるまでの審査に時間がかかるので考えているなら早めに行動となります。

ワンピース・スタンピート

今は見たい映画いっぱい!ということで今週は「ロケットマン」と「ワンピース」を観てきました。同監督の前作品ボヘミアン・ラプソディは2018年に観た最も感動した映画ベスト1でしたので、同監督の今度はエルトン・ジョン版を観ないわけにはいかないということで観に行きましたが、期待しすぎだったのか実際に観たら、ワンピースの方が面白かったので、こちらを書く事にします。

底抜けに明るく、底抜けにポジティブ、仲間の愛は半端ないルフィーが健在でした。映画は漫画では見られない沢山のキャラクターが一度に出てきて、それだけでも盛り上がる感じです。ワンピースファンにはたまらないキャラクターのオンパレードです。私が最も好きなハンコックも出ていて大変満足でした。女性なのにハンコックが好きな理由は、ドSで高飛車なキャラなのにルフィーにはメロメロでそれでいてとても強い点です。素敵だわ。

戦いのシーンはこれはもしかしてドラゴンボールか?と思われるほど激しい激突シーンでしたが、ウソップとルフィーの信頼関係には涙が出そうになりました。現実にはあり得ない内容ですが、計り知れない愛と信頼が溢れていて幸せな気持ちになる映画でした。