パターン化本能

前回のブログ(カテゴリー本)の感想で全く触れなかったのですが、パターン化本能のことも知っておいてほしいと思い今日はここに記載することにします。パターン化本能は「ひとつの例がすべてに当てはまる」という思い込みです。人間は何も考えずにそれを当てはめてしまう(パターン化)する癖があります。偏見があるかとか意識が高いかどうかは関係なく無意識にやってしまいます。それは人間が生きている上で必要な事でパターン化することで物事をスピーディに行い精神の負担なく過ごせるコツだからです。

ただ、間違ったパターン化は思考停止につながりあらゆる物事への理解を妨げます。パターン化は悪い事ではなく本能ですからどうすればその間違いを回避できるのかという事を考えなくてはいけません。それには①同じ集団の中の違いと、違う集団の間の共通点を探すこと。②過半数に気を付ける(過半数とは50%を超えることをいうから51%でも99%でも過半数といいます。ですからちゃんとした割合を知らないといけません)③例外に注意すること。(ひとつの例を根拠に集団全体に対して結論をだそうとしていたら、逆の例を尋ねてみよう)④自分が普通で自分以外はアホだと決めつけない。(自分が持っている常識は他人からすればましては他の国の人からみたら非常識なこともあり得るということ。変だと思ったら好奇心を持ち謙虚になって考えてみよう)ということです。

何年か前から戦後はじめてとか歴史上初とかそんなニュースで溢れています。今は未曽有の時代なのです。ですからある一定のパターン化に捕らわれると間違いを起こす可能性があります。頭を柔軟に正しいと思われていることが常にそれでいいのかという疑問を持って一人ひとり責任を持って行動しないといけないのです。

先入観にとらわれないことの重要さ

今読んでいる本に驚くべき事実が書かれていました。その本の紹介はそのうちにするとして、人々はそしてかなりの人というかほとんどの人が先入観にとらわれているということでした。まぁそれは何十年か前にはそうだった出来事もありますが、今現在はというとかなり世の中は変わっているのです。

それは何故かということについても述べていました。原因はいくつかありますが、メディアなどの情報は悪いことは多く伝えますが、良いことはそれで当たり前なので伝えません。人々の関心も〇〇町では何日間犯罪は起きていません。というより〇〇町でこのような犯罪がありました。と伝えた方が人々の関心が集まります。

つまり私たちは良いニュースより悪いニュースを耳にすることが多いのです。ですから世の中どんどん悪くなっているといった思い込みをしやすいとの事。今は無料で沢山の分析データが入手できるようになりました。誤った判断をしないためにも固定概念にとらわれないためにも面倒でもデータを確認するということの大切さをしりました。

明けましておめでとうございます

 

明けましておめでとうございます。皆さまはどのようなお正月を過ごしましたか?私は昨年が公私共々散々な年だったので、成田山で厄払い。事務所の氏神様にお参り。鶴ケ丘八幡宮の除魔神事に参加しました。成田山は早朝に行ったので着物は着られませんでしたが、氏神様と鶴岡八幡宮には着ていきました。左の写真が氏神様で流石池袋の神社なので池袋のシンボルのフクロウが鎮座しています。右の写真は鶴ケ丘八幡宮で蟇目の儀(ひきのめのぎ)と大的式を見ました。

蟇目の儀は、矢が放たれるとヒューという音がなり、その音で魔性を退散させるのだそうです。その次に大的式ですが、こちらは大きな的に向かって6人の射手が矢を射ます。大きな的の裏には角が抜けた鬼の文字が書かれていてこちらも魔を払うという意味があります。日本の伝統行事に触れるお正月でした。

おみくじは中吉「心をさだめさわがず迷わず今まで通りにするとよろしく何事にも手を出すのはよくありません。つねにひかえめにすることです。」ということです。はい。今年はおとなしくします。今年は修行の年にしたいと思います。本年もよろしくお願い申し上げます。

逆境の過ごし方

先日今年の世相を表す漢字が発表されましたが「令」でしたね。皆さんはこの一年どんな年だったでしょうか?私は「愁」ですかね。人生良い時も悪い時もありますね。先日税理士試験の発表がありましたが、以前の勤務先の後輩も友人の会計事務所の職員も知り合いも全員全滅でした。合格率が10%前後の試験ですから受かる人より落ちる人の方が圧倒的に多い訳ですが何となく物悲しい雰囲気になります。

私も比較的物悲しい1年でした。これでは慰めにもなりませんが、私なりの逆境の過ごし方というのがあります。まず逆境時ですが、そんな時は修行に充てる時間を増やします。運気の悪い時は何をやっても運気が悪いのでとりあえず、自ら辛い道に行くという作戦です。ちょっと大変だなと思う道を敢えて突き進みます。

逆境時は何をやっても逆境なので変にもがかず、焦らず、ひたすら耐え修行です。そうすると運気が良くなった時思った以上に上昇します。これは私の経験ですが、きっと効果ありますよ。是非お試しあれ

講演者として

先週、縁があって巨人及び阪神で4番バッターを務めた広澤克実氏の講演会に行ってきました。講演のテーマは「私の野球人生~野村、長嶋、星野監督に学んだこと~」です。この3人の監督は日本でも3大監督と言われる有名な監督ですが、その3人の元にいたプロ野球選手は広澤氏だけでそれぞれの監督の特徴などをユーモアを交えて講演していただきました。

まず野村監督は「鳴かぬなら頭を使え、ホトトギス」というタイプの監督でホトトギスは何故鳴くのかを知る。つまり物事には原因や事由があるはずでそれを突き止めて極めていくというのがプロへの道だということを学んだそうです。学ぶの語源は真似るで色々試して時には真似て極めていくということでした。

長島監督は「鳴かぬなら鳴くのを探せ、ホトトギス」というタイプで野球の技術は何一つ学びませんでしたが、誰のためにやっているのか?ということを常に意識していたそうです。家族のためというのはスケールが小さい5,000万人(これも長島監督の皮算用)の野球フアンを幸せにするためにやれということです。ベクトルを自分ではなく、常に観客(ファン)に置くというのを長島監督から学んだそうです。

星野監督は「鳴かぬなら気持ちで鳴かせよ、ホトトギス」というタイプで、若者の中で野球を諦めた人の中には監督と合わなかったという理由もかなりの割合を占めている中、星野監督だけはその人によって、タイプを色分けし、この選手は怒っていい人、この選手は怒ってはいけなく褒めて伸ばすタイプなどを人によって分けて対応していたそうです。広澤氏は星野監督にとって怒っていい人だったようで、「何やっているだ!広澤!今日の試合は何だ!」と怒られて「すいません。」と謝るも、そういえば今日の試合は自分は出ていなかったということもあったそうです。

それと、明治大学の島岡監督の話もされていました。かなり過酷な大学生活をおくっていたそうで、寒いグランドで薪を焚くのが広澤氏の仕事、そのうち火が勿体ないからということで焼き芋を作る有様。ある時レギュラーに抜擢されて、そこから夢中になって練習したそうです。1日で1,000本ノックなども行い努力も才能のうちということを気付かされた監督だそうです。監督によってかなり特徴が違いますが、共通点を言うなら自ら何かを発信する能力があるということでした。

講演の中ですごい選手だったにもかかわらず、自分をご謙遜した内容が多かったですが、講演者としてはプロでした。話をまとめる力。話を引き付ける力。誰もが良かったと思うような講演でした。その点についてもとても勉強になりました。

やり残したことはないと思えるかどうか

ラグビーワールドカップが熱いですね。2015年の対南アフリカ戦は涙無しでは見られない感動ものでしたが、今回もやってくれました。対アイルランド戦です。「ダブルタックル」凄いですね。対格差がある外国人相手に2人でタックルするやり方です。一人が足にタックルし、もう一人が上半身にタックルして出来たらボールを奪うというもの。そんなことをしたら相手が一人ガラ空きになるじゃないか。と考えてしまいますが、日本は朝4時半起きの筋トレで鍛え、倒れてもすぐ起きる練習、スタミナ力の強化、負けない精神力を鍛えてきました。

2015年の対南アフリカ戦の後、五郎丸選手がインタビューに答えています。試合の2日前までドキドキして緊張して仕方なかった。でも前日になるとすっきりし、当日は晴れやかだった。なぜならやり残したことは無かったから、もうこれ以上自分ができることはない、あとは全力でぶつかりダメだったときはそれは仕方がない事。そう思って試合に臨んだそうです。

結局やり残したことはないと思えるかどうかが緊張するか否かにかかっているのだと思いました。適度な緊張は逆に良いのですが、過度な緊張はマイナスに働きます。その時、今まで努力してきた人であれば、やり残したことはない!と思えると思うのです。感動の試合の裏には、涙ぐましい努力と練習の日々が隠れているのですね。

叙勲祝賀会

顧問先の理事長が令和最初の叙勲受章者になりまして、叙勲祝賀会をしたので行ってきました。叙勲を取るのはどのような人か?と気にしたことはありませんでしたが、自社の経営だけではなく、公益的なもの(間接的には国の事)に貢献した人がなるのだとつくづく思いました。

自社の経営の事を考えるだけでも大変なことなのに、公益的なことに貢献するのは、奉仕の心とたぐいまれなエネルギーを持っていないとできませんね。不屈の精神を見習いたいと思いました。

お正月には毎年着物を着ていますが、比較的簡単な半幅帯を結んでいました。浴衣も半幅帯なので、久々に袋帯を結んだら戸惑ってしまい、以前は15分で着れた着物に1時間もかかってしまうという有様でした。今回1時間かけて思いだしましたので、忘れないうちにもう一度袋帯をチャレンジしてみたいと思います。やはり何事も練習しないと鈍るということが分かりました。

ゆかたで銀ブラ2019

土曜日にゆかたで銀ブラに行ってきました。銀座で暑い夏に行われる浴衣イベントです。浴衣(男性なら甚平でも可)で銀座に行くと浴衣を着ている人だけ様々な特典が得られます。銀座という街の町ぐるみのイベントです。銀座にお店を持つ協賛社たちが福引の景品を提供したり、それらの店で割引やサービスを受けられたりします。

昨年はあまりの暑さにギブアップして浴衣さえ着れませんでしたが、今年は何とか着て友達と一緒に行ってきました。ここの良いところは、街ぐるみで各店舗が協力し合ってこのイベントを盛り上げているという事の他に日本の伝統である着物の文化を浴衣という簡単に着れるもので誰にでも参加しやすくしていることです。

そして参加者も大人が多いので上質な浴衣や素敵な帯に目を奪われることも屡々・・・浴衣好きの私には目の保養にもなります。浴衣って着るまで面倒だと思いますが着てしまえばテンション上がりますよ。是非皆様も浴衣を着てみませんか。

自動車の未来

冬は忙しく6月から10月は比較的暇なので、この時期にセミナー講師の仕事をしたり、自分をバージョンアップするためにセミナーを受講したりしています。先日受講したセミナーでこんな話をしていました。自動車については2025年にレベル4(ハンドルがない完全自動運転になる)を目指していて今から10年後には全体の30%が自動運転自動車が走っているそうです。

その前にレベル3(ハンドルはあるけど自動運転をする。とりあえず運転席に座っていないといけないので飲酒はダメ)があり、もう実施は目前だそうです。2045年には6人乗りドローンが開発されてきて、その頃には運転免許という制度そのものがなくなるそうです。自動車も自動運転するので例えば自宅と勤務先両方に駐車場を借りる必要がなくなり、駐車場の数が著しく減るので不動産価格は下落するそうです。

ドローン6人乗りなどにわかに信じられませんが、きっとそうなるのでしょうね。以前は多くの人が持っていたポケベルやガラケーも今ではなくなりつつありますし、技術革新とはそういうものなのかもしれません。ドラえもんで見た空を飛ぶ乗り物も生きている間に実現する日も来るのかもしれません。6人乗りのドローンができればきっと宅配便というのもドローンが運んできて勝手に宅配ボックスに入れる日がくるかもしれません。電線に引っかかるとまずいので日本のすべての電線は地下にもぐるのですかね。生きている間にそんな日が来るのかと想像した一日でした。

高齢者事故防止装置

毎日のように高齢者の運転事故ニュースがテレビに流れています。特にブレーキとアクセルの踏み間違いが相次いでいることから、ある埼玉の企業に問い合わせの電話が1日100件以上くるという異常な事態になっています。その会社はアクセルとブレーキを一体化した「ワンペダル」を製造販売するナルセ機材と、アクセルを強く踏むとブレーキが動く「STOPペダル」のナンキ工業です。

ナルセ機材の従業員は11人、ナンキ工業の従業員は2人です。小さな製造業が活躍する話を聞くとワクワクしてきます。両方とも埼玉の企業というのがまた親近感が湧いてきます。東京都がアクセルとブレーキの踏み間違いを防止する装置を付ける高齢者に対して、費用の9割を補助する方針を打ち出しました。今後も益々この企業に注目が集まりそうですね。